投稿者:ふうさん(14歳・中学3年生/デッサン歴7カ月/高校入試)

■自己紹介・デッサンの目的
はじめまして。高校の入試に向けてデッサンの練習をしています。今回初めて手のデッサンをしました。入試に向けてまだまだ不安があるので添削お願いします。

■頑張った点、上手くいかなかった点
指の関節、奥行きを意識して書きました。
爪やレモンの質感、爪の形の取り方が全然です。

■どのような点を向上させたいか
印影、質感の表現をもっと上手にしたいです。

(120分)

レモンを持つ手のデッサンのデッサン初めまして。しわとか、染みとか、目を留めて楽しそうに描いている、いいですね。だから伸び伸びし描き方になっているのは良い点、爪の形が難しくても直さないのは悪い点ですね。

デッサンは、客観的に裏付ける思考方法が問われるプロセスです。まず、紙、ザラザラした画用紙、描きやすかったですか?質感を表現するのに合っていますか?我々、CMで絵本調の効果を出すとき、ザラザラした紙を使います。この場合は?考えてみて下さい。

色はレモンと手どちらが濃いでしょうか?色の差を見る側に伝えるには、どういう表現をしたらいいでしょうか?明暗を付ける場合、色+陰影で考えるということですね。境目も丁寧に。

最大の課題は、手、指の形や立体感です。こっち向きの指は難しい。関節で軸に対して垂直に、指を切ったとしたら、断面はどういう形でどの位置にあるか?遠近で大きさも変わるのでそれも含めて、その断面をきちんとアタリを取ること、もちろん、指先の爪の形も大切に。爪は詰めです。詰めが甘い?では、お後がよろしいようで。
レモンを持つ手のデッサンのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ